障害・療育 - 本のカナリヤ
2016/03/07

障害の重い子どもの授業づくり Part3

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
障害の重い子どもの授業づくり Part3
   ~子どもが活動する「子ども主体」の授業をめざして


絵本を題材にした授業展開や医療的ケアについてなども紹介。
肢体不自由教育の研修会でも好評でした。


▲Amazonより購入

14:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/12/07

障害の重い子どもの指導Q&A

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
障害の重い子どもの指導Q&A



▲Amazonより購入
障害の重い子どもの指導に当たる教員の「疑問に思うこと」「指導に悩むこと」を分かりやすく解説。日々の指導に役立つ実践的な指導資料。Q&A147とコラム、資料。

編著 :  全国特別支援学校肢体不自由教育校長会

13:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/02/07

重度・重複障害児のコミュニケーション学習の実態把握と学習支援

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ


肢体不自由特別支援学校における
重度・重複障害児のコミュニケーション学習の
実態把握と学習支援



▲Amazonより購入
 肢体不自由教育の研修会で、たくさんの
 先生が手に取っていらっしゃった本です。

 目次:
 Ⅰ章 コミュニケーション学習と認知発達
 Ⅱ章 学習把握表の構成と学習支援の展開
 Ⅲ章 学習把握表の利用について
 Ⅳ章 学習把握表を用いた授業の取り組み

  

13:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/02/05

「支援から共生への道」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
支援から共生への道 発達障害の臨床から日常の連携へ 



▲Amazonより購入

内容紹介
発達障害への「僕」のまなざしと希望

「僕に何ができるだろう」と自問自答する児童精神科医が診察室を出て、
教育・福祉関係者とのつながりを広げていく、数々のエピソード。

著者はいま、日本の児童精神科医師として最も注目されている医師の
一人。発達障害という診断をもつ子ども、そして保護者に、医師として
何ができるのか。診療室から出て、教育、福祉のさまざまな人たちとの
連携を探り、その過程で出会った人々とのエピソード……。
新米医師時代から今に至る道程を赤裸々に綴る、心の軌跡。
心温まる書。


15:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/01/12

キミヤーズの教材・教具

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
キミヤーズの教材・教具



▲Amazonより購入  
・なによりも理論的で、特別支援教育の常識をことごとく覆す、起爆力のある革命的な本が誕生

・第1部と第2部、第3部をいったりきたりしながら読めば、
 さらに深まることを実感

・子どもたちの知的好奇心を引き出し、教えたがりという教師魂を刺激することまちがいなし

・著者と一緒に授業研究会をしている同僚教師が、実際に使った 経験・感想レビュー

・画期的な試みのDVD付き!! 教材が作れる驚きの「透明ブック
 カバー」(ステンシル)!!


14:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/12/07

「自閉症の特性理解と支援  TEACCHに学びながら」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
自閉症の特性理解と支援 [TEACCHに学びながら]
藤岡 宏 著
ぶどう社(2007年9月発行)
定価 本体2000円+税
 

発達障害専門の児童精神科医が書いた本です。
先生方にも、親の方にもわかりやすい。
自閉症の人の世界を紹介しながら、自閉症の特性に沿った支援を、
どうつくりだしていけばよいか。
その方法や工夫を具体的に紹介する。
1:自閉症の特性を理解する
2:特性に沿って支援の方法を考える
3:医療・親さん・地域

の3部から構成されています。(ぶどう社HP引用)

▲Amazonより購入
13:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/12/06

育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
育てにくい子にはわけがある
 ―感覚統合が教えてくれたもの (子育てと健康シリーズ) 



▲Amazonより購入

落ち着きがない、順番が待てない、人の話を聞けない
など発達がちょっと気になる育てにくいといわれる子どもがいます。
でもそれ、育て方の問題ではないかもしれません。
感覚統合の様々な著書をお持ちの木村順先生が書かれた1冊。
感覚統合の視点から事例を織り交ぜ解説されています。


15:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/12/03

発達障害の子どもたち (講談社現代新書)

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
発達障害の子どもたち (講談社現代新書) 


▲Amazonより購入 

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。
育ちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。
長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教える。
 
第1章──発達障害は治るのか
第2章──「生まれつき」か「環境」か
第3章──精神遅滞と境界知能
第4章──自閉症という文化
第5章──アスペルガー問題
第6章──ADHDと学習障害
第7章──子ども虐待という発達障害
第8章──発達障害の早期療育
第9章──どのクラスで学ぶか―特別支援教育を考える
第10章─薬は必要か

15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/11/28

「ディスレクシアってなあに?」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ

「ディスレクシアってなあに?(知りたい、聞きたい、伝えたい おともだちの障がい①)」

ローレン・E・モイニハン 著、トム・ディニーン 絵、藤堂 栄子 訳
定価 本体1200円+税
明石書店 (2006年11月発行)


▲Amazonより購入
14:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/11/08

「発達の扉(上・下)」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
「発達の扉(上・下)」


▼Amazonより購入できます

 子どもたちの発達を、
誰にでも わかりやす
く学びあえるテキスト
として刊行。
上巻は、写真をふん
だんに使って乳幼児
の発達過程について、
著者の定評ある語り
口の講演形式で学ぶ。

ダウン症、自閉症、
肢体不自由、てんかん、
学習障害、視覚・聴覚
などの障害を持ってい
る子供達の発達を写
真付きで解説。
障害をもった子供た
ちと共に生活する方々
とのふれあいの中から
生まれた本。

▼楽天より購入できます

15:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/03/07

DVD「LD・ADHD、気になるこどもの理解と援助」好評発売中

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
2004年 北海道 函館で行われた、丸山美和子先生(佛教大学
准教授:当時)の講座を収録。豊富な相談活動を通じて、子供の発達の
道筋を踏まえLDやADHDはどんな障害なのかをわかりやすく
解説、乳児期前半から小学校中学年までの発達の特徴と指導上の
ポイントを提起する内容となっております。

監修 二通 諭氏

発達の道すじをふまえたうえでの障害論というのはそうあるものではなく、
とにかくわかりやすい。個人は勿論、職場やサークルでも購入されたし。
日々の保育・教育実践、相談支援活動に力を発揮する全4巻。
学習会でも使える。
(全障研道支部会報紹介文より)

DVD
「LD・ADHD、気になるこどもの理解と援助」

◆Disc 1 
発達のみちすじを理解する ①
Ⅰ. 乳児期前半~コミュニケーションの土台形成期~
Ⅱ. 乳児期後半~ことばの前のことばを豊かにする時期~
Ⅲ. 乳児から幼児へ~話しことばを獲得しはじめる時期~
Ⅳ. 幼児期前半~話しことばを豊かにしていく時期~
Disc 2 
発達のみちすじを理解する ②
Ⅴ. 幼児期後半~話しことばが一応完成する時期~
Ⅵ. 幼児から学童へ~接続期~
Ⅶ. 小学校低学年の発達特徴~7・8歳頃の子どもの発達~
Ⅷ. 小学校中学年の発達特徴~9・10歳頃の子どもの発達~
Disc 3 
気になる子どもの理解と子育て支援 ①
Ⅰ. 気になる子どもが増えている
Ⅱ. 自閉症スペクトラム
Ⅲ. LDの定義
Ⅳ. LDの周辺 ① ~ADHDの理解~
Ⅴ. LDの周辺 ② ~不器用な子ども(運動機能障害)の理解~
Disc 4 
気になる子どもの理解と子育て支援 ②
Ⅵ. 発達のアンバランスを理解する
Ⅶ. 「キレル」子、「荒れる」子の理解
Ⅷ. 指導上の一般的原則
Ⅸ. 全ての子どもの発達保障と子育て支援

全4巻 (分売不可) 定価16,000円(税込・2014年4月現在)

制作 リレック
販売・問合せ 本のカナリヤ
〒069-0825
北海道江別市大麻東町15-11
TEL:011-387-0001
FAX:011-387-0611

14:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
Copyright (C) 本のカナリヤ All Rights Reserved.
 

// 情報館 // 北海道 // ペット // 地図 // EMC / 生涯学習 / 文化 // 市民活動 // 自治会 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12