子どもの発達集中講座

講座案内 >> 記事詳細

2010/06/14

2010年講座・講師の永井先生より一言

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ

講師の永井先生より、受講される皆さんにメッセージをいただきました!

 長年実践してきた感覚統合療法の見方で子どもを理解することで、お互いにストレスの少ない、
より発達に寄与できる支援の方法を具体的に探ります。
 特に、自閉症やADHDの子どもさん達に見られる感覚過敏や不器用に起因する「問題」を
的確に理解することで、心理的な二次障害を防ぎ、子どもの生き生きとした活動を取り戻すことに
つながれば、と考えています。

《 講師 プロフィール 》

永井洋一氏(新潟医療福祉大学医療技術学部作業療法学科 准教授)

新潟県上越市出身
1976年    広島大学教育学部卒業
         養護学校・盲学校講師などを約4年間経験した後
1980年  国立犀潟(さいがた)リハビリテーション学院作業療法学科入学
1983年  同校を卒業し、国立犀潟病院に作業療法士として勤務
       障害児リハビリテーションの臨床活動に従事
1984年  国立犀潟リハビリテーション学院の教官を兼務
       日本感覚統合障害研究会感覚統合療法認定講習会 インストラクター
1988~1990年 米国コロラド州立大学大学院修士課程に留学、科学修士取得
1991年  国立犀潟リハビリテーション学院 作業療法学科教育主事
       日本感覚統合障害研究会 常務理事
1997年  日本感覚統合障害研究会感覚統合療法認定講習会 講師
1998年  北海道立札幌医科大学保健医療学部作業療法学科 講師
       日本感覚統合障害研究会 事務局長
2001年  現職
2005年  新潟医療福祉大学大学院保健学専攻作業療法学分野 准教授(兼務)
2006年  第24回日本感覚統合学会研究大会大会長(12/2,3 新潟医療福祉大学)
       日本発達障害ネットワーク協議委員
       (社)日本作業療法士協会養成教育部:学校教育水準検討委員会委員長(~2009年6月)
2007年  新潟市特別支援教育支援センター専門委員
       厚生労働省医道審議会専門委員(PTOT分科委員:~2009年10月)

著書
【分担執筆】
・『感覚統合Q&A~子どもの理解と援助のために』協同医書出版社.1998
・『LD児の教育支援』保育出版.1999
・『作業療法学全書第2巻 基礎作業学(第2版)』協同医書出版社.1999
・『作業療法学全書第6巻 発達障害(第2版)』協同医書出版社.1999
・『標準作業療法学 専門分野 第2巻 研究方法』医学書院.2005 他
・『作業療法学全書第6巻 発達障害(第3版)』協同医書出版社.2010
【分担翻訳】
・ゼムケ/クラーク編著(佐藤剛監訳)『作業科学』三輪書店.1999
・パンディ、レイン、マレー編著(小西、土田監訳)『感覚統合とその実践(第2版)』協同医書出版.2006

11:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 2010
Copyright (C) 子どもの発達集中講座 All Rights Reserved.
 

// 情報館 // 北海道 // ペット // 地図 // EMC / 生涯学習 / 文化 // 市民活動 // 自治会 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12