2017/05/01

市立小樽美術館 特別展「大月源二展新たなリアリズムを求めて」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
北海道ゆかりの画家 大月源二の作品展が市立小樽美術館にて
開催されています。大月源二さんの画集は当店でも取り扱って
いますが、実物が見られるなんてまたとない機会ですね。ぜひ、
足を運んでみてはいかがでしょう。

特別展
「大月源二展新たなリアリズムを求めて」

平成29年4月29日(土)から成29年7月2日(日)まで

趣旨(市立小樽美術:展覧会のご案内より引用)
戦前プロレタリア美術の代表的な画家であった大月源二は、弾圧、解放に
追い込まれた後、
戦後は北海道に戻り「生活派」の結成に至った。本展で
は、仮釈放の翌年に描かれた
「走る男」から1960年代までの作品の推移を
粗描してみるとともに、残された言葉と背景
をさぐり制作の動機や表現法の
変化を辿る。

大月源二展(市立小樽美術館2017.4.29~7.2)より「走る男」


 観覧料
 一般600(480)円
 高校生/市内高齢者:300(240)円
   中学生以下 無料
 ( )内は20名以上の団体料金


大月源二展(市立小樽美術館2017.4.29~7.2)より「走る男」

大月源二展(市立小樽美術館2017.4.29~7.2)より「札幌駅構内」
大月源二展(市立小樽美術館2017.4.29~7.2)より「札幌駅構内」


16:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
Copyright (C) 本のカナリヤ All Rights Reserved.
 

// 情報館 // 北海道 // ペット // 地図 // EMC / 生涯学習 / 文化 // 市民活動 // 自治会 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12