2015/02/05

「支援から共生への道」

Tweet ThisSend to Facebook | by マツヤマ
支援から共生への道 発達障害の臨床から日常の連携へ 



▲Amazonより購入

内容紹介
発達障害への「僕」のまなざしと希望

「僕に何ができるだろう」と自問自答する児童精神科医が診察室を出て、
教育・福祉関係者とのつながりを広げていく、数々のエピソード。

著者はいま、日本の児童精神科医師として最も注目されている医師の
一人。発達障害という診断をもつ子ども、そして保護者に、医師として
何ができるのか。診療室から出て、教育、福祉のさまざまな人たちとの
連携を探り、その過程で出会った人々とのエピソード……。
新米医師時代から今に至る道程を赤裸々に綴る、心の軌跡。
心温まる書。


15:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
Copyright (C) 本のカナリヤ All Rights Reserved.
 

// 情報館 // 北海道 // ペット // 地図 // EMC / 生涯学習 / 文化 // 市民活動 // 自治会 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12