since 2018.01.11 / ワンワンワン93577
オンラインユーザー2人
 

ウィルの部屋

ウィル
 

プロフィール

犬種:シェットランドシープドッグ
呼名:ウィル
生年月日:2014年3月19日
性別:♂
毛色:セーブルホワイト
父犬:ホーリー
母犬:グレイス
 
ウィル >> 記事詳細

2018/08/17

こんな事って・・・・・

Tweet ThisSend to Facebook | by シェルワラスタッフ
7月に入りウィルご飯の食べむらが出て、嘔吐してしまいました・・・

掛かりつけの病院がお休みの時に具合が悪くなり、主治医の先生はファックスか留守電に
連絡くれれば連絡くれるとの事だったのに・・・連絡はなく・・ウィルはぐったりしているので
他の病院で点滴をしました・・

主治医の先生から連絡が入ったのは2回とも休み明けでした、他の病院で点滴をした事を伝えると文句を言われました・・・

他の病院でウィルの検査結果を見せた時ウィル君は尿毒症になってます・・・
いつ状態が悪化してもおかしくない状態ですと・・告げられ・・「えっ主治医の先生からそんな事きいていません」

この状態なら毎日点滴をした方が良いとの事でした。

主治医の先生に29日診てもらい、その事を聞くと「ウィルくんは去年から尿毒症です」
1年生きたでしょうととひらきなおった感じで言われ・・・・呆然・・
この1年この先生は質問やウィルが具合が悪い時指示をだしてほしくて連絡しても
きちんとした説明もなかった、知り合いの紹介で以前飼っていた子が難病でも一生懸命治療してくれたという事で、通い始めたのですが最初は腎臓病の治療はできます、最後までウィル君の面倒はみますと約束してくれて通い始めると時折態度が悪かったり、何よりびっくり
したのは看護師さんの態度の悪さウィルに点滴しても声もかけずむっとして違う方向をみて
点滴をしていたりと・・・
ウィルはその前の病院で誤診されステージ4と言われ見放されてしまい、やっとの思いで
この病院の先生ならと思い多少態度が悪くてもきちんと最後まで診てもらえばと我慢して
江別から西区の病院まで1年間通っていましたが・・・・

7月31日突然ファックス1枚でウィル君をもう診れませんと・・・8月7日他の子とウィルの診察も決っていたのに・・・・ウィルはとても状態が良くないのに見放されてしまいました・・・

その日は気が動転してしまい泣いてしまい・・・
納得がいかず次の日先生に連絡をして理由を聞くと今回私が休みの時ファックスで連絡を2回と電話1回(点滴の分量)を聞いたりした事でストレスになるから診れないとの理由でした!
もう腹がたって涙しかでてこず・・・・この方は獣医失格だと思いました。


思いおこせば6月にUPCの検査をした時10.98まで数値があがり初めて病院が診察終わった時電話きて慌てていました、私が先生これからどのような治療したら良いのですか?
そんなにウィル悪いんですか?
と尋ねてもしどろもどろの答えで又診察にという事で行っても何の説明もなく点滴のみでした
見放すんでも、病院の紹介と今までの1年分のウィルのデーターを持たせるのは私は当たり前の話だと思います、先生は病院の紹介はなしで、私が頼んでやっとデーターは送ってくれました。

ウィルは自宅点滴と吐き気止めを飲ませて何とか落ち着いていますが、ご飯は食べてくれず
シリンジで食べさています。
お盆前はぐったりしていて私もご飯食べれなくなってしまって心身とも疲れ果てていました。
今はとりあえず近場の病院で診てもらってますが病院を探してます、良い情報があったら教えて下さい。

可愛いウィルの為にできるだけの事はしてあげたい1日でも長く一緒にいたい・・・

最後があるなら苦しまずに逝かせてあげたいと思ってます。


08:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

シェルッ子

シェルティー
 

// 情報館 // 北海道 // ペット // 地図 // EMC / 生涯学習 / 文化 // 市民活動 // 自治会 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12